自己破産でやり直す

弁護士に自己破産の相談を依頼することになったら、面談時にいい加減な様子でいることは控えましょう。心証を悪くしてしまいますし、結果的に断られてしまうことだってありますので注意しましょう。

弁護士に依頼するとまずは、過払い金があるのか調べることになります。金利の払い過ぎがあれば、今まで支払っていたものが手元に戻ることもありますし、そうすれば借金が0円になることだってあり得るのです。

ところでよく聞かれることは、ギャンブルで作った借金は無理なのではないかということですが、借金から立ち直るために、全てをやり直す第一歩となることから、どのような内容の借金でも自己破産の申し立てをすることができるのです。しかし、弁護士との面談時には、散々怒られることも覚悟しておきましょう。ギャンブルは習慣性のあるものですから、自己破産することで借金がチャラになって、また手を出してしまう方が多くいることで、弁護士としても本当に大丈夫なのか心配しています。そのために何度も繰り返し、ちゃんとやり直せるのか質問されるのです。ここでは、同じ過ちを繰り返さないことを約束しましょう。

家ところで自己破産すると会社や家族にも知られてしまうのではないかと怯えてしまう人もいるのですが、それは間違いです。また家財道具なども没収されることもありませんので安心してください。

ただし、過去7年以内に自己破産している人は、申請が認められないことが多いので覚えておきましょう。また、自己破産ですから完全に支払い能力がゼロでなければいけません。弁護士に依頼する場合には、費用が発生しますが全て無理のない分割払いになるので心配することもないでしょう。勇気を出して弁護士に自己破産の相談をしたのですから、今後は二度と同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。