面談時に準備するもの

通帳ところで、いまの現状から逃れたいとか、返済することができない場合には、まずは弁護士の無料相談会に相談しましょう。その際には、自分がどこの金融機関から、いくらの借金をしているのか、毎月の支払い額がわかるように請求書や銀行口座の通帳を手元に用意しておくといいでしょう。

これ以上の借金を払うことが無理であれば、電話やインターネット、メールなどからも弁護士への無料相談会ができるのです。また、その無料相談も幾度となく可能であるという法律事務所が多いようですが、相談すること事態、既に支払い能力に限界が来ているのでしょうから、一日も早く直接事務所に足を運びましょう。この時点でも相談は無料ですので安心してください。

相談する際に必ず必要なものがありますので確認しておきましょう。お金の流れが分からなければ、せっかくの相談も無駄な時間になってしまうでしょう。持参しなければいけないものとしては、どこの金融機関から借りているのか、請求書があれば一目瞭然でしょう。それ以外にも給与明細や源泉徴収票、給与の振込口座の通帳や、引き落とし口座の通帳です。

相談の際には、自分での支払いができないことを強調するといいでしょう。そして誠意ある態度であることも忘れずに面談しましょう。